{"module_name":"id01","layout_type":"head","image1":"4786","image2":"4787","text1":"COLOUR MAGIC IN NORTHERN ITALY","text2":"リバティ・プリンティング・ミル","text3":"リバティ・ファブリックスのプリント技術を守る職人技を探ります。","url1":"","title1":"","text4":"リバティは100年以上も前に独自の画期的なデザインのプリントを手掛け始めて以来、ファブリックのパイオアニアとして革新を続けてきました。現在、英リバティ社はヨーロッパの繊維産業の中心地、コモ湖のほとりにある自社工場にて、最先端の技術と伝統的な手法を駆使し、印象的でインパクトのある効果を発揮したファブリックを生産しています。生産マネージャーのジョバンニ・マルツィアーノ氏に、リバティプリント工場とデザインに命を吹き込むための巧妙な技術的プロセスについてお話を伺いました。"}
COLOUR MAGIC IN NORTHERN ITALY

リバティ・プリンティング・ミル

リバティ・ファブリックスのプリント技術を守る職人技を探ります。

リバティは100年以上も前に独自の画期的なデザインのプリントを手掛け始めて以来、ファブリックのパイオアニアとして革新を続けてきました。現在、英リバティ社はヨーロッパの繊維産業の中心地、コモ湖のほとりにある自社工場にて、最先端の技術と伝統的な手法を駆使し、印象的でインパクトのある効果を発揮したファブリックを生産しています。生産マネージャーのジョバンニ・マルツィアーノ氏に、リバティプリント工場とデザインに命を吹き込むための巧妙な技術的プロセスについてお話を伺いました。

{"module_name":"id18","layout_type":"","image1":"4790","url1":"","text11":"","text12":"","image2":"4791","url2":"","text21":"","text22":""}
{"module_name":"id08","layout_type":"","text1":"リズミカルな音が響き渡り、蒸気と染料の甘い香りが漂う工場でリバティの魔法はおこります。無地の白いコットンベース生地はリバティプリント工場に到着する前に、150年前に設立された歴史ある地元の織物工場により手描きされたリバティのデザインの複雑さを表現するのに最適なキャンバスへと準備されます。プリント工場の技術者たちは、ロータリースクリーンとデジタルプリントの両方の技術を駆使し、毎年何百万メートルもの生地をプリントしています。繊維産業で25年以上働いているマルツィアーノ氏は次のように語ります。「リバティプリント工場は一般的なプリント工場ではありません。私が本当に感銘を受けたのは、印刷機が『カスタマイズ』されているという事実です。スピードと印刷精度の可能性を高めるために開発し続けた技術的改良により、リバティは今まで見たこともないような洗練された複雑なアウトラインをプリントすることを可能にしてきました。」\r\n\r\nプリントは全行程の1工程にしかすぎず、テスト、スチーム、洗浄、柔軟加工、品質チェックまでの工程がリバティプリント工場で行われています。生産される生地の各メートルがリバティ・ファブリックスとして求められる厳しい基準をクリアする必要があります。最初に訪れるのは蓋のない絵の具入れがずらっと並んだ「カラーキッチン」です。ここでの作業は非常に高い技術が求められるため、マルツィアーノ氏によると「ロータリープリントのシリンダーは非常に高価なので、プリントの最終的な仕上がりを確認するために彫刻の前に試し刷りが行われます。もちろんこのテストプリントは完全に手作業なので非常に難しい作業です。毎分40メートルのスピードで動いている印刷機は、インクが乾く前に色が載せられていくので、その効果をシミュレーションする必要があります。そこで当社の技術者の経験とノウハウが活かされています。」","textalign1":""}

リズミカルな音が響き渡り、蒸気と染料の甘い香りが漂う工場でリバティの魔法はおこります。無地の白いコットンベース生地はリバティプリント工場に到着する前に、150年前に設立された歴史ある地元の織物工場により手描きされたリバティのデザインの複雑さを表現するのに最適なキャンバスへと準備されます。プリント工場の技術者たちは、ロータリースクリーンとデジタルプリントの両方の技術を駆使し、毎年何百万メートルもの生地をプリントしています。繊維産業で25年以上働いているマルツィアーノ氏は次のように語ります。「リバティプリント工場は一般的なプリント工場ではありません。私が本当に感銘を受けたのは、印刷機が『カスタマイズ』されているという事実です。スピードと印刷精度の可能性を高めるために開発し続けた技術的改良により、リバティは今まで見たこともないような洗練された複雑なアウトラインをプリントすることを可能にしてきました。」

プリントは全行程の1工程にしかすぎず、テスト、スチーム、洗浄、柔軟加工、品質チェックまでの工程がリバティプリント工場で行われています。生産される生地の各メートルがリバティ・ファブリックスとして求められる厳しい基準をクリアする必要があります。最初に訪れるのは蓋のない絵の具入れがずらっと並んだ「カラーキッチン」です。ここでの作業は非常に高い技術が求められるため、マルツィアーノ氏によると「ロータリープリントのシリンダーは非常に高価なので、プリントの最終的な仕上がりを確認するために彫刻の前に試し刷りが行われます。もちろんこのテストプリントは完全に手作業なので非常に難しい作業です。毎分40メートルのスピードで動いている印刷機は、インクが乾く前に色が載せられていくので、その効果をシミュレーションする必要があります。そこで当社の技術者の経験とノウハウが活かされています。」

{"module_name":"id18","layout_type":"","image1":"4792","url1":"","text11":"","text12":"","image2":"4793","url2":"","text21":"","text22":""}
{"module_name":"id08","layout_type":"","text1":"テストプリントの後、ロータリースクリーンでの印刷が開始されます。職人が彫刻したローラーを使って、クリーンなグラフィック効果を得るためにそれぞれの色を個別に染色します。このローラーは熟練した地元の職人が手作業で彫刻を施し、一本一本の線や形が完璧に表現されていることを確認します。この工程が一番お気に入りと話すマルツィアーノ氏。「間違いなく、私はプリントの段階が一番好きです。白い布地が毎分40メートルという一瞬の速さで素晴らしいデザインになるのを見るのは、本当に魔法のような体験です。プリントが終わると生地はステーションからステーションへとスムーズに流れていき、スチーム、洗浄、仕上げが行われます。観察眼の優れたスペシャリストが生産工程のさまざまポイントで生地をチェックし、生地が巻き上げられ世界中の顧客に出荷されています。」\r\n\r\nリバティプリント工場では試行錯誤された捺染技術を継続することを誇りに思っていますが、同時にデジタルプリントの進歩の最前線にいることも誇りに思っています。「私たちの工場は常に革新を表しています。1993年に最初の試作機でサンプルを作成し、まさにデジタルプリントのパイオニアでした。最近では世界でも数台しかない新しい印刷機を導入しました。『ロータリーコンセプトのデジタル印刷機』と表現されるこのデジタルプリント機は、工場内の無菌環境に設置され、最高レベルの精度とデティールを保つために色ごとに印刷されます。絶え間ない技術の研鑽により、リバティプリントは可能な限り鮮やかに表現され、現在リバティのプリント能力は世界で最も先進的な技術の一つとなっています。」","textalign1":""}

テストプリントの後、ロータリースクリーンでの印刷が開始されます。職人が彫刻したローラーを使って、クリーンなグラフィック効果を得るためにそれぞれの色を個別に染色します。このローラーは熟練した地元の職人が手作業で彫刻を施し、一本一本の線や形が完璧に表現されていることを確認します。この工程が一番お気に入りと話すマルツィアーノ氏。「間違いなく、私はプリントの段階が一番好きです。白い布地が毎分40メートルという一瞬の速さで素晴らしいデザインになるのを見るのは、本当に魔法のような体験です。プリントが終わると生地はステーションからステーションへとスムーズに流れていき、スチーム、洗浄、仕上げが行われます。観察眼の優れたスペシャリストが生産工程のさまざまポイントで生地をチェックし、生地が巻き上げられ世界中の顧客に出荷されています。」

リバティプリント工場では試行錯誤された捺染技術を継続することを誇りに思っていますが、同時にデジタルプリントの進歩の最前線にいることも誇りに思っています。「私たちの工場は常に革新を表しています。1993年に最初の試作機でサンプルを作成し、まさにデジタルプリントのパイオニアでした。最近では世界でも数台しかない新しい印刷機を導入しました。『ロータリーコンセプトのデジタル印刷機』と表現されるこのデジタルプリント機は、工場内の無菌環境に設置され、最高レベルの精度とデティールを保つために色ごとに印刷されます。絶え間ない技術の研鑽により、リバティプリントは可能な限り鮮やかに表現され、現在リバティのプリント能力は世界で最も先進的な技術の一つとなっています。」

{"module_name":"id18","layout_type":"","image1":"4794","url1":"","text11":"","text12":"","image2":"4795","url2":"","text21":"","text22":""}
{"module_name":"id08","layout_type":"","text1":"リバティプリント工場は、歴史と伝統への誇りと、絶え間のない革新的で前向きなアプローチという、リバティの精神の両面を反映しています。私たちの工場では、サステイナブルな廃棄物の削減などの分野でも常に改善に取り組んでいます。有毒な染料や重金属を使用しておらず、エコテックス®の最高レベルである「スタンダード100」とBCI(Better Cotton Initiative)の認証を受けています。\r\n\r\nプリントの工程を実際に見てみると、繰り返される人生のマジックのようです。「生地の誕生を目の当たりにし、それに命を吹き込む手助けをすることは、複雑ではありますが本当に満足のいくプロセスの一部になっています。」とマルツィアーノ氏は語ってくれました。","textalign1":""}

リバティプリント工場は、歴史と伝統への誇りと、絶え間のない革新的で前向きなアプローチという、リバティの精神の両面を反映しています。私たちの工場では、サステイナブルな廃棄物の削減などの分野でも常に改善に取り組んでいます。有毒な染料や重金属を使用しておらず、エコテックス®の最高レベルである「スタンダード100」とBCI(Better Cotton Initiative)の認証を受けています。

プリントの工程を実際に見てみると、繰り返される人生のマジックのようです。「生地の誕生を目の当たりにし、それに命を吹き込む手助けをすることは、複雑ではありますが本当に満足のいくプロセスの一部になっています。」とマルツィアーノ氏は語ってくれました。

{"module_name":"id20","layout_type":"","url1":"https://www.liberty-japan.co.jp/item?category_id=562","title1":"コレクションを見る"}

さらに読む