liberty fabrics
LIBERTY FABRICS Autumn Winter 2018

A Palace Garden

Liberty Japan Co., LTD.

リバティ・ファブリックス2018年秋冬コレクション「ア・パレス・ガーデン」は、ロンドン南東部にあるエルサム宮殿からインスパイアされました。

14世紀にチューダー王夫妻の住居として使われていたエルサム宮殿は、1933年に新しい所有者であるスティーブン&バージニア・コートールド夫妻により、大胆な幾何学模様や手描きの花などが施された壁など、当時ヨーロッパで人気の高かったアールデコ調のインテリアへと再建されました。

邸宅の上層階には、熱帯雨林のように特別に設計された部屋があり、コートールド夫妻のペットだったキツネザルが飼われていました。風変わりなオーナーのセンスが反映された豪華なテキスタイルや装飾品が、エキゾチックな空間を演出しています。チューダー様式の梁やイングリッシュ・ローズ・ガーデンに囲まれた宮殿など、当時の典型的なイギリス様式はリバティ・ショップを思い起こさせます。

この伝統と新しいセンスがミックスしたスタイルが、今回のコレクションのインスピレーション源となり、リズム、色彩、そして驚きを持った沢山のテキスタイルデザインが作られました。

「ア・パレス・ガーデン」は、ロンドンのリバティ・スタジオで手描きされた51柄のデザインがタナローンやシルクサテンなど、素晴らしい生地にプリントされたコレクションです。また22柄から構成される「エルサム・パーク」は、メンズウェアに最適なコットン・ポプリンのコレクションです。

Inside The Palace

The Garden Rooms

Far and Away

The Palace Party

Travelling from the Palace