howto
hints

リバティプリントのスカーフを「カジュアルに着こなす」Vol.1


Liberty Japan Co., LTD.

リバティプリントのスカーフでいつもの着こなしを効果的にセンスアップするメソッドを、今回から3回に渡りレクチャー。正統な印象のスカーフが、巻き方次第でカジュアルなコーディネートにこなれ感をプラスするイマドキアイテムに。Vol.1では2種類のスカーフを使うテクニックをご紹介します。

2種類のスカーフを組み合わせて「大判スカーフ」に

2種類のスカーフをひとつに結んで1枚の大判スカーフのように使う、簡単ながら斬新なアイディア。組み合わせる色や柄を変えれば、何通りもの印象が楽しめます。上質なスカーフが内からさりげなく覗くだけで、定番のトレンチスタイルも高級感が一段とアップします。

2枚のスカーフをひとつに結ぶだけ

①2種類のスカーフを用意します。
②2枚のスカーフの角と角を結びます。全体の長さはこの結ぶ位置で調節を。
③結び目が後ろに来るよう、首にかけます。

秋のトレンチスタイルをスカーフで格上げ

光沢感の美しいシルクスカーフが加わるだけで、定番のトレンチスタイルが一層華やかに。服と同系色のスカーフをなじませてもいいけれど、あえて濃色や鮮やかな色のスカーフを際立たせると、コーディネートに躍動感が生まれます。スカーフのドレープが程よいこなれ感も演出。



関連アイテムはこちら

photo: yOU
styling: Ritsuko Mochizuki
hair & make: Kana Hanazaki
model: konoka (ABP inc.)
text: Madoka Koizumi