{"module_name":"id01","layout_type":"head","image1":"4797","image2":"4798","text1":"LIBERTY","text2":"過去、現在、そして未来へ","text3":"新たなフェーズを迎えたリバティのアイデンティティの進化","url1":"","title1":"","text4":""}
LIBERTY

過去、現在、そして未来へ

新たなフェーズを迎えたリバティのアイデンティティの進化

{"module_name":"id08","layout_type":"","text1":"昨年145周年を迎えた英リバティはブランド進化の最終段階へと進みました。それは、リバティの歴史と密接に結びついた新しいロゴを発表することです。これまでの歴史の中でも、時代を反映したロゴがショップのエントランスに掲げられてきました。アーカイブに保管されている過去のロゴは、今回発表されたタイムレスなロゴの出発点となりました。\r\n\r\n「リバティのリブランディングのプロセスは、工芸、考古学、そして洗練でした。今回採用したロゴタイプは、グレート・マールボロ・ストリートのフロントドアにあったオリジナルの看板のレタリングに由来するもので、リバティの歴史の中で最もオーセンティックなロゴタイプになるよう慎重に描き直されています。」と、今回リバティのリブランディングを実現した世界的なデザイン会社「ペンタグラム」のハリー・ピアースは説明しています。","textalign1":""}

昨年145周年を迎えた英リバティはブランド進化の最終段階へと進みました。それは、リバティの歴史と密接に結びついた新しいロゴを発表することです。これまでの歴史の中でも、時代を反映したロゴがショップのエントランスに掲げられてきました。アーカイブに保管されている過去のロゴは、今回発表されたタイムレスなロゴの出発点となりました。

「リバティのリブランディングのプロセスは、工芸、考古学、そして洗練でした。今回採用したロゴタイプは、グレート・マールボロ・ストリートのフロントドアにあったオリジナルの看板のレタリングに由来するもので、リバティの歴史の中で最もオーセンティックなロゴタイプになるよう慎重に描き直されています。」と、今回リバティのリブランディングを実現した世界的なデザイン会社「ペンタグラム」のハリー・ピアースは説明しています。

{"module_name":"id13","layout_type":"","image1":"4799","url1":"","image2":"4800","url2":""}
{"module_name":"id11","layout_type":"","image1":"4801","url1":"","text1":"ユニークな書体は、タイポグラフィやレイアウトの表現力を豊かにし、エキセントリックなブランドの精神を体現します。"}

ユニークな書体は、タイポグラフィやレイアウトの表現力を豊かにし、エキセントリックなブランドの精神を体現します。

{"module_name":"id16","layout_type":"","image1":"4802","url1":"","text1":"過去は永遠に存在しますが、新しいアイデアと現代的なリバティのためのきっかけとして使用されてきました。","text2":""}

過去は永遠に存在しますが、新しいアイデアと現代的なリバティのためのきっかけとして使用されてきました。

{"module_name":"id11","layout_type":"","image1":"4803","url1":"","text1":"リバティパープルは残されていますが、ゴールドのトーンが洗練されました。"}

リバティパープルは残されていますが、ゴールドのトーンが洗練されました。

{"module_name":"id10","layout_type":"","image1":"4805","url1":"","text1":""}

さらに読む