wish list
2019SS collection

最新コレクション『パビリオン・ボール』のスカーフで、シックを装う

Liberty Japan Co., LTD.

リバティ ロンドンから誕生した2019年春夏コレクション『パビリオン・ボール』。そのエキゾチックかつシックなプリントが魅力の最新コレクションから、スカーフをフィーチャー。70×70cm・90×90cm・140×140cm のサイズ別ラインナップに加え、コーディネートに効果的に取り入れるメソッドをご紹介します。


リバティ ロンドン 2019年春夏コレクション『パビリオン・ボール』とは?

19世紀初頭、イギリス国王ジョージ4世の海辺の別荘として英国ブライトンに建てられたロイヤル・パビリオン。1887年、リバティ社はこの離宮で催される歓迎舞踏会のために、パビリオンに豪華な装飾を施すよう依頼を受けました。『パビリオン・ボール』は、その贅沢なインテリアにインスパイアされ、リバティ ロンドンのデザインチームがアーカイブプリントをモダンに再構築した新作コレクション。革新的な技術と熟練の職人技を駆使してイタリアでプリントされた今回ご紹介するスカーフにも、『パビリオン・ボール』のインテリアのバックグラウンドである、インドやペルシャ、中国のエキゾチシズムが色濃く反映されています。



70cmサイズはアクセサリーのように気軽に取り入れて

普段のおしゃれに気軽に取り入れられるのが、90cm四方よりひとまわり小さな70cm四方のスカーフ。ニットやTシャツの首元にシンプルにあしらったり、ヘアバンドやリボンのようにヘアアクセサリーとして、またブレスレット代わりに手元を飾ったり、バッグのハンドルに結んだり…。アクセサリーのようにポイント使いすると、ファッションの絶妙なスパイスに。コーディネートのアクセントにするなら色鮮やかな多色使いのスカーフを、控えめにしたい日は色数を抑えた1枚を選んで。



巻き方次第で主役も脇役もこなす90cmサイズ

巻き方のアレンジが利き、着こなしに程よい存在感をプラスするのが、90cm四方のスカーフ。無造作に首にかけてコートやトレンチの中からプリントをちらっと覗かせたり、ニットやカットソーの首元に大胆に結んだり、ベルト代わりにウエストマークするのもお勧めです。『パビリオン・ボール』のスカーフは、落ち着きのある深いカラーパレットが特徴。シックな布が一枚加わるだけで、装いがぐんと大人っぽく、洗練された雰囲気に。バッグのハンドルに巻き付けたり、髪に編み込んだり、と90cmサイズならではの幅広い使い方を楽しみましょう。



140cmサイズは着こなしが一気に華やぐインパクト

140cm四方の大判スカーフは、服一枚に匹敵する存在感が魅力。シンプルな着こなしも、スカーフのドレープがもたらす豊かな表情や鮮やかな彩り、美しい柄がたっぷりと加わることで、全身が一気にこなれ華やかな印象に。細長く折りたたんで首にかければ、Iラインが強調され、スタイルアップ効果も望めます。Tシャツ+デニムのカジュアルコーディネートに『パビリオン・ボール』のエキゾチックなスカーフをプラスすると、トレンドのボヘミアンスタイルがたちまち完成。フローラルプリントやボタニカルプリントを取り入れると、フェミニンでエフォートレスなムードを演出できます。



その他のラインナップもお見逃しなく




text: Madoka Koizumi